認定こども園せいれんじ

認定こども園せいれんじブログ 認定こども園せいれんじブログ

2016年11月8日

ブログ

昨日、幼児期から英語の勉強を始めるメリットをお伝えしました。
メリットにはデメリットもつきものですので
今日はそちらをお伝えします。

・お金がかかる

習い事全般に言えることですが、費用の面の検討は不可欠でしょう。
教材を利用するにしても、習い事として先生をつけて勉強するにしてもあたりハズレがありますので、慎重に検討する必要があります。

・日本語に支障が出る場合も

英語教育に力を入れるあまり、肝心の日本語に支障が出てしまうようなケースが報告されています。
英語と日本語が下手に混じってしまった「ルー語」状態になってしまうという悲惨な事例もあります…

これを避けるためには、教育のバランス感覚が重要となってきます。

あくまで生活の中心となるのは日本語。
英語の学習以外の時間は、きちんと日本語を使って、会話をしてあげることが大切です。

・大人になったらすっかり忘れてしまう

せっかくお金をかけて習得したのに、中学生に上がるころにはすっかり知識が抜け落ちてた…という場合もあります。
これを防ぐためには、コツコツと英語に接する機会を作ってあげることが重要でしょう。

・英語アレルギーになってしまうことも

教育熱心になってしまうあまり、お子さんが英語嫌いになってしまうこともあるようです。
このようになってしまうと、早期教育が逆効果となってしまいます。

子どものときに根付いた英語嫌いの感覚は、大人になってからも大きく影響してしまいます。
お子さんに対して、過度の押し付けになっていないかどうかをきちんと考えるといいでしょう。

このようなことも考慮して、せいれんじは英語教育をしています!!

認定こども園せいれんじ